解説 改正公益通報者保護法

解説 改正公益通報者保護法

¥ 3,630 税込

商品コード
1572869
著者
-
出版社
-
ISBN
-
発行日
2021/06/30

関連カテゴリ

実店舗在庫

読込中...

ご注文数 
e-hon e-honで購入 
※外部サイトへ移動します。
※リンク先での商品購入について、弊社でのクレジット決済は出来ません。

2004年に制定された「公益通報者保護法」は、2020年に初めて基本構造に及ぶ改正が行われました。改正の主なポイントは、1通報者の範囲の拡大、2通報対象事実の範囲の拡大、3通報要件の緩和、4内部通報体制整備の義務化、5守秘義務、6通報者の損害賠償責任の免除、等です。改正法の施行は2022年ですので、それまでに一定規模以上の事業者は必要な内部通報体制等の整備を行わなければなりません。本書は、制度および改正全体を概説するほか、改正に至るまでの議論や実務上の疑問点を踏まえて、改正後の全条文を逐条解説しています。また、改正点等を具体的にイメージしやすいようQ&Aも収録しています。行政法・労働法の議論に基づく考察を行った、公益通報者保護法を真に理解するうえでの必読書です。
(出版社情報)